にほんブログ村 小遣いブログ PPCアフィリエイトへ  


管理人(ジン)管理人(ジン)

このページでは現状2018年のPPCアフィリエイトとは一体どのような手法なのか?何も知らない方でも理解出来るように1から10まで説明してゆきます!

YahooやGoogleなど、インターネットで何か検索した際に沢山のサイトが出てきますよね?

実は出てきたサイトの上部に並んでいるものは広告です。

この広告をPPC広告と言います。

PPC広告を使えば個人でも低コストで、誰もが日常的に使用するインターネットでの検索結果に自分の好きなサイトへ誘導するための広告を設置する事が出来るのです。

 

そしてPPCアフィリエイトはこのPPC広告を利用して商品やサービスを紹介、

つまりPPC広告で一気に狙ったアクセスを集める事でアフィリエイト報酬を獲得するというビジネスモデルとなります。

 

PPC広告を使えば誰でもすぐに意図したユーザーのアクセスを集めることが出来るため、使いこなすことができればビジネスの宣伝や見込み客の集客、そしてアフィリエイト報酬をスピーディーに獲得する事が出来ます。

当サイトではこのPPC広告を利用した2018年のPPCアフィリエイト戦略について、Yahooプロモーション広告を実際に運用している経験を元に具体的に説明をさせていただきます。

 

PPCアフィリエイトとは?

検索エンジンに自身の作成したアフィリエイトサイトを出稿することでアクセスを集め、そこから発生する成果から消費した広告費を差し引いたものが利益となるビジネスモデルです。

現在GoogleによるPPC広告(Googleアドワーズ)はアフィリエイトに対してのガイドラインが非常に厳しいため、現在PPCアフィリエイトは一般的にYahooのPPC広告(Yahoo!プロモーション広告)を使用した手法の事を言います。

1.1 第一にアフィリエイトとは?

アフィリエイト=成功報酬型広告です。
商品やサービスを誰かに紹介することで紹介報酬がもらえる仕組みです。

例えばAさんが自分のブログでお気に入りの化粧品を紹介していたとします。

 

そのブログを見たBさんはAさんの記事を見て試してみたくなりAさんのブログから化粧品を購入しました。

 

そうするとAさんに化粧品会社から紹介してくれたお礼として報酬が与えられるという仕組みがアフィリエイトです。

 

つまりアフィリエイトとは個人が広告塔となり、企業と消費者を繋ぐ架け橋となる事で、世の中に商品やサービスを広めるお手伝いだという事。

そしてアフィリエイトを行う人の事をアフィリエイターと言うのですが、アフィリエイターの力は商品やサービスの販売促進の大きな力となっている列記としたビジネスなのです。

Wikipedia:アフィリエイト=成功報酬型広告

 

1.2 PPCとは?

まずはPPCが一体何の略なのかを理解しましょう。

PPC = pay per clickの略称」そして
pay per clickとは日本語で言い換えると「クリック報酬型広告」となります。

簡単に言うと、誰かにクリックされて初めて料金が発生する広告だという事です。

ですので広告を掲載していてもクリックされなければお金は一切かかりません。

クリックされて初めて料金が発生するという事は
=1アクセスに対して料金が発生するという事。

無駄な広告費を払う必要がないのがPPC広告最大のメリットとなります。

代表的なPPC広告がインターネットの検索結果に出てくる広告。
主にYahooプロモーション広告とGoogleアドワーズになります。

Wikipedia:pay per click(PPC)=クリック報酬型広告

 

1.3 PPC広告はこんな広告です。

PPCアフィリエイト扱うPPC広告には以下の3種類あります。

 

・リスティング広告(検索連動型広告)

Yahooプロモーション広告で言うとスポンサードサーチにあたります。

 

・ディスプレイ広告(バナー画像による広告)

Yahooプロモーション広告で言うとYDN(ヤフーディスプレイアドネットワーク広告)

 

・ネイティブ広告(コンテンツに紛れた記事広告)

Yahooプロモーション広告で言うとYDNのインフィード広告。

その他、Twitter広告、Facebook広告がネイティブ広告にあたります。

 

本ページではこの3つの広告のPPCアフィリエイトの手法の中でも最もわかり易く比較的に難易度の低い、リスティング広告について詳しく説明をしてゆきます。

 

今はまだディスプレイ広告やネイティブ広告を覚える必要はありませんが、一言にPPCアフィリエイトと言っても様々な手法やアプローチが出来るという事だけ頭に入れておいてください。

PPCアフィリエイトの基礎=Yahooプロモーション広告のスポンサードサーチ

これは間違いありませんので、ディスプレイ広告やネイティブ広告などを運用する前に必ずスポンサードサーチを理解しましょう。

 

1.3.1 PPCアフィリエイトの基礎(検索連動型広告)

Yahooプロモーション広告のスポンサードサーチ説明

引用:YouTube[YahooJAPANad]Yahooプロモーション広告

管理人(ジン)管理人(ジン)

これは一般向けの説明ですので、WEBで商品やサービスを紹介するPPCアフィリエイトとは違う考え方ですが、スポンサードサーチという広告がどのようなものか理解しやすいですね!

1.3.2 PCで「ダイエット」と検索した結果のPPC広告

上記はPCでYahooにて「ダイエット」と検索した結果です。
赤枠で囲んである上から4つはPPC広告です。

 

1.3.3 スマホで「ダイエット」と検索した結果のPPC広告

 

上記はスマートフォンでYahooにて「ダイエット」と検索した結果です。
赤枠で囲んでいる上から3つはPPC広告です。

 

このようなYahooのPPC広告の事をYahooプロモーション広告と言います。

更に検索結果のページ最下部にも広告は掲載されています。

実は検索結果には知らないうちに多くの広告が出てきているという事なのです。

 

当記事ではこのようにYahooプロモーション広告をメインに初心者の方にも分かりやすくご説明してゆきます。

 

1.4 改めてPPCアフィリエイトとは?

PPCアフィリエイトとは主に検索エンジン連動型広告(リスティング広告)を使ってアフィリエイト商品を紹介し、報酬を得るというスタイルです。

PPCアフィリエイト=PPC広告を利用したアフィリエイトという事。

広告を運用することで商品やサービスの販売促進を行いますので
PPCアフィリエイトでやっている事は広告代理店のようなイメージです。

 

冒頭でも説明した通りPPCアフィリエイトはYahooプロモーション広告という、検索エンジンの中でも圧倒的シェアを誇るYahooのプラットフォームを使用して行います。

ちなみにYahooはWEB広告の中で日本トップクラスの媒体です。

Yahooへの広告掲載は決して企業専用のものではなく、一個人でも管理して扱うことが出来ますので、操作方法さえ理解してしまえば誰でも意図したユーザーへ広告を使ってアプローチする事が出来るのです。

管理人(ジン)管理人(ジン)

PPCアフィリエイトは個人で誰でも行える広告代理ビジネスです!

PPCアフィリエイトの仕組み

PPCアフィリエイトの場合、アフィリエイトで成果を発生させるために絶対に必要なアクセスをお金を使う事で強制的に集めることで収益を発生させます。

PPC広告を表示
↓ ↓ ↓
自分のサイトを見てもらう
↓ ↓ ↓
商品を購入・サービスに申し込みしてもらう
↓ ↓ ↓
アフィリエイト報酬が得られる!

 

2.1 PPCアフィリエイトの報酬利益は?

アフィリエイトの報酬は1件数百円の案件もあれば、1件数万円も案件もあります。

PPCアフィリエイトでメインとなる案件の報酬は主に1000円~8000円となるのが一般的でしょう。

例えば報酬額3000円の案件をPPCアフィリエイトで販売して利益を上げたいのであれば、広告費が2999円以下で1つ販売できれば黒字です。

このようにして報酬額に合わせて使用する広告を管理し、利益が取れるように運用する事がPPCアフィリエイトで稼ぐキモとなります。

アフィリエイト報酬-広告費=PPCアフィリエイトの利益

 

2.2 PPCアフィリエイトで必要な広告費は?

広告を使うとなると大きなお金が必要になるのではないかと考える方が多いですが、PPCアフィリエイトは少額からでも始めることが出来ます。(3000円から広告掲載可能)

「PPCとは?」で説明した通り、「PPC = pay per clickの略称」つまりクリック型報酬広告だという事。

広告を1回クリックされる毎に広告費が掛かるという仕組みになっています。

 

そして1クリックあたりの広告費ですが、これは検索されるキーワードによって料金が変わってきます。(以下キーワード単価)

広告の表示は1クリック1円から可能なのですが、1クリック当たりに使用するキーワード単価は自分で決めます。

Yahooで何か検索した後で出てくる広告は上から順番に並んでいますが、実はこの順番は1クリック当たりで設定してあるキーワード単価が高い順番に並んでいるのです。

つまりはオークション形式で広告の並ぶ順番が決まっているという事です。

人気のある検索キーワード結果の上位に広告を表示させたい場合にはライバルよりも高いキーワード単価を設定しなければならなりません。

非常に人気のあるキーワードだと1クリックで数百円~数千円掛かることもありますが、
逆にライバルのいないキーワードであれば1クリック1円~表示することが出来ます。

検索されるキーワードは日本語の数だけある訳ですので殆どのキーワードは数円~数百円で広告を掲載しアクセスを集めることが出来ます。

よってPPCアフィリエイトで必要な広告費は自分で決める事が出来ますので、無理のない市場で勝負するようにすれば非常に少ない広告費から成果を上げる事が可能です。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

実は数千円からYahooの広告を利用出来るんです!

2.3 PPCアフィリエイトで使用する広告費は自分で管理出来る。

「1クリックの料金がいくら安くても沢山クリックされれば沢山広告費が掛かると思うと怖い」
「使い方を間違えたらいきなりとんでもない広告費が請求されしまうのではないか」

恐らくこのような不安を考える方もいると思いますが特に心配はいりません

なぜならPPCアフィリエイトを行うYahooプロモーション広告の仕組み(広告費の払い方)は、後から請求されるのではなく先払いだからです。

PPCアフィリエイトを行う際にはYahooプロモーション広告に最低3000円から広告費として使用するお金を先に入金して預けます。

そして、そこから広告がクリックされた分だけが引かれてゆくという仕組みとなっています。

ですのでYahooに預けていたお金が無くなれば自動的に広告が止まりますので、知らないうちにとんでもない広告費が消化されてしまうなどの心配がないのです。

 

Yahooプロモーション広告において広告費の仕組みを
Suica・PASMO・ICOCA等の電子マネーに例えて考えるとわかり易いです。

先にお金を入れておいて使った分だけその中から引かれます。

そして残金がなくなればストップ。また使う場合には予めお金を入れておく。

Yahooプロモーション広告もこのような仕組みとなっていますので、あくまで消費する広告費はYahooプロモーション広告に入れている分のお金だけだという事。

それ以上のお金がかかるという事はありえませんので、いつの間にか高額な広告費がかかるという事がなく、安心して運用できる訳です。

 

また、各広告毎に予め使用する広告費の上限を設定することが出来ます。

・この広告は1000円分使ったらストップ。

・この広告は2000円分使ったらストップ。

このように使用する広告費の上限を自分で予め設定出来るため、広告費の使いすぎという事はあり得ませんのでPPCアフィリエイトは堅実的に取り組むことが可能です。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

Yahooに入金したお金以上かかる事はありません。
各広告毎に使う資金を設定しておけば更に安心!

2.4 PPCアフィリエイトの強み(メリット)とは?(前編)

PPCアフィリエイト最大の強み、それは「スピード感」です

本来アフィリエイトで成果を発生させるためには、サイトを作成してそのサイトを見てくれる訪問者(アクセス)があって、そのサイトから商品やサービスに申し込んでもらうという流れを組む必要があります。

 

サイトは誰でも作れますが、アフィリエイトで収益を発生させるにあたり最初にぶち当たる壁は「アクセスが集まらない」という事です。

サイトを作っただけでは見に来てくれる人がいないのです。

サイトを見てくれる人がいなければ当然アフィリエイト報酬が発生する訳がありません。

作成したサイトを検索結果の上位に表示させるために行うためにSEO対策という細かなノウハウがありますが、通常上手くいっても十分なアクセスが集まるまでに数か月~半年はかかると言われています。

そして初心者には非常に困難かつ時間がかかる、サイトを作って1年経っても全然アクセスが集まらないなんて事は珍しくありません。

その時間を短縮して非常に早く成果を発生させる事が出来る方法がPPCアフィリエイトです。

 

また、PPCアフィリエイトはそのスピード感からトレンド的な戦略に非常に強いです。

これから流行りそうな商品・サービスをいち早く紹介するために広告を使用する事で、ものの数時間で意図した濃いユーザーに対してアプローチすることが出来ます。

極端に言えばPPC広告を出稿して10分ほどで検索結果に表示され、検索ユーザーがそれをクリックして商品を購入したら成果が上がります。

数あるアフィリエイト手法の中で最もスピード感があり、ビジネスとして取り組める手法がPPCアフィリエイトだと言えます。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

PPCのメリットはとにかくスピード感!
閃いたらすぐに実践して動きを確認出来る事が面白さでもあります。

2.5 PPCアフィリエイトの強み(メリット)とは?(後編)

PPCアフィリエイトのもう一つの強みが濃いユーザーにアプローチする事が出来るという事です。

何か調べ物をする際にYahooで検索した結果に表示できるので必ず疑問や悩みを持った状態でサイトに訪れます。

むやみやたらに広告を表示しアクセスを集めるのではなく、Yahooプロモーション広告を使いこなすことで特定の商品やサービスに興味を示し、購買に繋がる可能性が高いであろうユーザー(濃いユーザー)のアクセスを狙って集められるという点がPPCアフィリエイトで主に使用するYahooプロモーション広告のスポンサードサーチ(検索連動型広告)の強みです。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

検索する=疑問・悩み・欲求を持っています。
商品やサービスに申し込むという行動は何かを満たすために起こす行動ですので検索結果直後にアプローチする事で成果を得られます。

2.6 PPCアフィリエイトの強み(メリット)とは?(+α)

PPCアフィリエイトの強みで意外と皆が気づいていないのが検索エンジンのアルゴリズムに左右されないという事。

サイトアフィリエイトの場合、Googleのアップデートなど検索エンジンの仕様変更により今まで検索結果上位にあったサイトがある日突然順位が下がり報酬が発生しなくなるというリスクがつきものです。

酷い場合は圏外に飛ばされいきなり報酬0円という事も。。

 

通常のサイトアフィリが検索エンジンの都合に左右されるという事を考えると、PPCアフィリエイトの場合は関係がありません。

キーワードを設定して広告費を投入することで自身のサイトを表示させているので検索エンジンの仕様変更による影響がないのです。

 

成果を獲得出来ると分かっていれば広告費を投入すればいいだけ。

対策の取りようのないイレギュラーすぎる事件は発生しないのがPPCアフィリエイトの強みです

 

もちろんPPCアフィリエイトにも同じキーワードで広告を出稿しているライバルがいる可能性は高いので永遠と独占して稼げるわけではありません。

 

しかし、何が言いたいのかというとPPCアフィリエイトの場合は広告費という燃料さえ足し続ければ同じ位置に自身のサイトを持ってくることが出来ます。

これはSEOサイトアフィリとは全く違った性質ですので、理想はどちらも出来る事です。

SEOで既に稼いでいる人もPPCアフィリエイトを勉強して広告スキルを身につけておくことで稼ぎを増やすことが出来るとともに、もしものためのリスクヘッジとなるのです。

 

2.7 PPCアフィリエイトの弱み(デメリット)とは?

PPCアフィリエイトは広告を使ってアクセスを買う手法ですので、広告費(経費)がかかります。

いきなり広告費に大きな金額を使う必要はありませんが、どうしても元手が必要になるという事。

また、広告費をかけるという事は赤字になるリスクも伴うという事。

消費する広告費を上回る売上が発生して初めて黒字になりますが、何でもかんでも広告に掲載すれば売れるというほど簡単ではありませんので基本的にPPCアフィリエイトに取り組み始めて黒字スタートはありえません。

ただしPPCアフィリエイトもビジネスとして取り組むものですので、広告を出稿する前にしっかりと案件についてリサーチして成果発生を見込めるかどうかの仮説を立てることが非常に重要となります。

しかしそれでも最初は出ていくお金の方が多くなってしまう可能性が高いですが、それを放置せずにきちんと黒字転換できるように手掛けてゆきます。

 

PPCアフィリエイトは広告費を使用する事で素早くアクセスを集める、いわば時間をお金で買う事に似た手法です。

しかし、お金をかけずにお金を稼ぎたいと考えている方にとっては広告費がかかる赤字リスクというのは大きなデメリットとなるでしょう。

広告費を使う以上、赤字を垂れ流さないために途中経過をしっかりと確認して修正を重ねるなどのメンテナンスが必須となります。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

少ない金額で広告を掲載出来るとは言え、PPCアフィリエイトは広告費を使い数字で見て利益を拡大してゆくビジネスです。
そしてビジネスに絶対はありませんので、損したくない、無料でやりたいという考えの方にはPPCアフィリエイトはオススメできません。

Yahooプロモーション広告

現在PPCアフィリエイト=Yahooプロモーション広告を使用した手法です。

Yahooプロモーション広告とはYahooの検索エンジンを利用した広告を扱えるサービス名です。

引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp

 

Yahooプロモーション広告では検索結果の広告がメインではありますが、実はそれだけでなく様々な場所に広告を配信する事ができます。

Yahooプロモーション広告で扱える広告=Yahooが配信枠を持っている広告を扱えるという事です。

 

3.1 Yahooプロモーション広告で扱える広告の種類

Yahooプロモーション広告には、ユーザーが検索したキーワードに連動して広告が表示される「スポンサードサーチ」、画像広告を表示できる「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」、Twitterのタイムラインや検索結果に広告を表示できる「Twitter広告」の3種類があります。

Yahooプロモーション広告を利用すればYahooを利用しているオンライン上のあらゆるユーザーに対してリーチ(広告を配信)する事が出来ます。

 

3.2 スポンサードサーチ

Yahooでの検索結果に表示する広告がスポンサードサーチでありPPCアフィリエイトで非常に扱いやすい基本の広告サービスです。


引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/sponsored-search/

インターネットで検索すると上図のような形で必ずと言って良いほど広告が出てくるのです。

スポンサードサーチはこのような広告を指定したキーワードの検索結果に表示する事ができます。

検索した瞬間、それはまさにユーザーが疑問や悩みを解決しようとしている最中。

そんな状況に広告を表示することで高い効果を発揮するのがスポンサードサーチです。

商品やサービスを自身の作成したサイトを経由して紹介するというアフィリエイトにおいて最も分かりやすくコントロール出来るのがスポンサードサーチを利用したPPCアフィリエイトだという事です。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

スポンサードサーチはPPCアフィリエイトの基礎でありメイン媒体です。

3.3 YDN(ヤフーディスプレイアドネットワーク広告)

Yahooの管理するWEBサイトの広告枠に配信出来るのがYDN広告。

また、YDNとは(ヤフーディスプレイアドネットワーク広告の略であり)ディスプレイ広告というバナー画像を使用した広告を配信できることが大きな特徴です。


引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/ydn/

画像を使用した視覚的な訴求が可能なため認知度を上げるための看板的な広告としても利用可能。

そしてYDNのディスプレイ広告を配信すると、上図のような画像広告をYahooの管理する各サイトへ配信することが出来ます。

引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/publisher/

 

Yahooトップページ、Yahooニュースをはじめとして上図を見て頂いてわかる通り、その他サイトにも広告をPPC配信する事が可能です。

YDNでは検索結果ではなく、圧倒的なアクセスボリュームを誇るサイトへ配信できるためリーチ数が桁違いであり、低コストで多くのアクセスを集める事が出来ます。

また、広告を配信したいユーザーを絞り込むためのターゲティング設定が非常に細かく可能となっています。

しかしターゲティング設定の種類が多く細かい事からいきなりYDNを始めるのは難しく、

また、スポンサードサーチに比べてユーザーの購買意欲や行動力は低いためユーザーの心を動かすための作りこんだサイトが必要となります。

YDNは圧倒的な成果を上げられる事の出来る可能性がある反面、

PPCアフィリエイトの中でもスポンサードサーチよりも難しい広告となりますので、最低限スポンサードサーチの運用歴がある方向けの広告となります。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

YDNはPPCアフィリエイトの発展版です。
スポンサードサーチよりも難易度が高いですがスポンサードサーチとYDNを組み合わせる事で戦略の幅が広がりますね♪

3.4 Twitter広告

非常に利用者が多く、近年ビジネス目的でTwitterアカウントを作成する企業が大変多くなっていますが、実はYahooプロモーション広告ではTwitter広告も扱う事が可能です。

自身の持つTwitterアカウントでのツィートを広告にかける事で、Twitterのタイムラインや検索結果に広告として表示し、見込み顧客へツィートを届けることが出来ます。

引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/twitter/

このようにYahooプロモーション広告のアカウントとTwitterのアカウントを紐づけする事でYahooプロモーション広告内でTwitterの広告を管理することができます。

Twitterは情報の伝わるスピードの速さと、リツイートという文化が根付いているため拡散がしやすいのが特徴です。

ただし、Twitterはアフィリエイトとの相性はあまりよくありません。

理由はTwitterは良くも悪くも好き放題に本音が飛びかうSNSですので悪い評判もすぐに広まります。

そして2チャンネル気質な部分があるためアフィリエイトなどビジネスにおいてのステルスマーケティングが嫌われます。

このような事からPPCアフィリエイトでTwitter広告を使用することは基本的にありませんが、1つの手段として理解しておくと活用できる事もあるでしょう。

ちなみにTwitter広告はYahooプロモーション広告を利用しなくともTwitter for BusinessというTwitter本体のシステムを利用して直接出稿する事も出来ます。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

Twitter広告を使ったPPCアフィリエイトは非常に難しいです。
ユーザー層やTwitterを利用している際の心理状態を考えてもアフィリエイトをするのはかなり難しいですね。

3.4.1 その他SNS広告について

現在日本で主流となっているSNSはTwitterの他にFacebookとInstagram(インスタグラム)があります。

SNS広告でアフィリエイト成果を得るにはマネタイズが非常に困難なため、PPCアフィリエイトでの利用での利用には不向きですが、中にはSNS広告で大きな成果を上げているアフィリエイターもいます。

SNS広告はそれぞれ出稿に使用するプラットフォームは変わります。

Twitter広告=TwitterビジネスもしくはYahooプロモーション広告にて管理

Facebook広告=Facebook本体の広告マネージャにて管理

インスタグラム広告=Facebookの広告マネージャにて管理

 

3.5 PPCアフィリエイトの基本はスポンサードサーチ

PPCアフィリエイトで多くのアフィリエイターがメインとして扱うのはスポンサードサーチとなります。

理由はユーザーの濃さと広告のコントロールがしやすいから。

検索結果に広告を表示できるという機会こそが商品やサービスをWEB上で案内するうえで最も望ましいタイミングなのです。

ユーザーが一体何を求めて検索するのかを汲み取ったうえで案内すれば、ユーザーは迷うことなく行動に移します。

私達がスポンサードサーチを利用してユーザーが求める情報を提供してあげる事により、PPCアフィリエイトで成果を上げる事が可能となるのです。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

PPCアフィリエイトに取り組むならまずはスポンサードサーチから!

3.5.1 スポンサードサーチを使いこなすための考え方

スポンサードサーチでのPPC広告はYahooでの検索結果に出てきます。

どのキーワードに対してPPC広告を表示するのかを私達が設定して、入札額や広告の質により掲載順位が変わっています。

スポンサードサーチで重要なのが検索結果に広告を表示することが出来るという事。

検索ユーザーは必ず何か悩みや疑問もしくは欲求を持ってインターネットで検索します。

PPCアフィリエイトではそれらの解決方法を提示してあげるという事が成果に繋げるために考えるべき要素です。

取り組みたいアフィリエイト案件がある場合、

「どんなキーワードで検索してくる人がこの案件に興味を持つだろうか?」

このように考える事で購買に繋がりやすいユーザーのみに絞ってPPC広告を表示すべきです。

 

悩み⇒その悩みの解決方法を案内

疑問⇒その疑問の答えとオススメ商品を案内

欲求⇒その欲を満たす事の出来る方法を案内

 

必ず検索してくるユーザーのニーズをくみ取った上で、商品の購入もしくはサービスの申し込みまでの道を作るようにしましょう。

 

3.6 PPCアフィリエイトの発展版がYDN

スポンサードサーチがYahooプロモーション広告の基礎であればYDNは発展です。

YDNの場合はスポンサードサーチと違いユーザーが何かを求めている状況ではなく、Yahooニュースを見ている、NEVERまとめを見ているなどの他の情報を確認している最中に広告を提示するので、すなわち購買意欲のないユーザーへ訴求するという事になります。

商品の購入やサービスの申し込みをする気のない状況のユーザーの行動を促すには、広告をクリックした後のランディングページが重要となります。

ランディングページで購買意欲を掻き立てる事が出来なければ成果には繋がりませんし、YDNでは偶然商品を購入しようとしている人のアクセスがあり迷わず行動してくれるなんてことは殆どありません。

1クリックの広告単価は安く済みますが対象とする見込み客の層が薄いため広告運用スキルだけではなく高いセールスライティングスキルが必要となります。

よってYDNはスポンサードサーチで成果を上げている方が取り組むべきPPCアフィリエイトの発展版戦略だと言えるでしょう。

 

PPCアフィリエイトの始め方(スポンサードサーチ)

PPC広告を出稿するにはYahoo!プロモーション広告というサービスを使用します。

Yahooプロモーション広告を利用することでYahooの検索結果にリスティング広告を掲載したり、Yahooの持っている広告枠(Yahooニュースやオークション、NEVERまとめなど)に広告を掲載することが出来ます。

Yahooプロモーション広告の中にスポンサードサーチ・YDN・Twitter広告があるという事。

PPCアフィリエイトで使用するメイン広告のプラットフォームがYahooですので、Yahooの広告を個人で利用出来るYahooプロモーション広告がPPCアフィリエイターには必須となります。

引用:YouTube[YahooJAPANad]Yahooプロモーション広告

管理人(ジン)管理人(ジン)

Yahooプロモーション広告に登録しなければPPCアフィリエイトは始まりません。
上記はYahooプロモーション公式の簡単な手順解説動画ですが、
手順を迷わないように以下で管理人が詳しく説明してゆきます。

4.1 Yahooプロモーション広告への登録

それでは早速PPCアフィリエイトを行うために必要なYahooプロモーション広告への登録手順について説明をしてゆきます。

※Yahooプロモーション広告に登録するにあたり料金はかかりません。

※実際に広告を掲載する際にはYahooに最低3000円から入金する事で動き出します。

 

 

お申し込みをクリックします

 

個人であれば個人事業主を選択して自分の名前を明記します。

その後ご自宅の住所等の情報を入力します。

 

次にYahooに広告を利用する事をPRするサイトを入力します。

ここで提示するサイトによって今後広告を掲載する際に何か影響生じるという事はありませんが、Yahooプロモーション広告を利用するための審査で見られます。

よって趣味のサイトでもブログでも、ペラサイトでもサイト内容はなんでもいいですが、自分のサイトである事の証明ですので独自ドメインであることが望ましいです。

 

管理者情報の入力です。

取得条件のないフリーメールアドレスでは登録出来ないのでご注意ください。

ご自身の契約しているサーバーメールアドレス、
もしくは自宅で契約しているインターネットプロバイダでもらっているであれば問題ありません。

 

電話番号認証を終えればその後メールが届きます。

 

Yahooプロモーション広告のアカウントが開設できるとYahooビジネスIDが付与されますので
いつも使っているYahooジャパンIDと連携してログインをして完了です。

 

これでYahooプロモーション広告の登録は終了です。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

場合によってYahooプロモーションの登録の際に本人確認書類が求められます。その際には免許証などの身分証明書と公共料金の明細が必要となります。

※ご自身が公共料金の支払名義人になっていない場合は、アカウントの管理権限に支払い名義人を追加しましょう。

不明点があればYahooプロモーション広告へ電話で問い合わせれば丁寧に説明していただけます。

 

4.2 Yahooプロモーション広告のアカウント構造を理解する

アカウントが出来ましたのでPPCアフィリエイトに使用するPPCアフィリエイトサイト(ランディングページ)を広告出稿するのですが、その前にまずはYahooプロモーション広告のアカウント構造を理解しましょう。

 

Yahooプロモーション広告では以下の4つを作成設定して広告を配信してゆきます。

「広告キャンペーン」「広告グループ」「キーワード」「広告」

 

キャンペーンと広告グループでその中に属する広告の配信設定を行います。

引用:https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/part1.html

 

 

4.3 Yahooプロモーション広告のPPC広告出稿手順

「広告キャンペーン>広告グループ>キーワード+広告」

Yahooプロモーション広告におけるアカウント構造が理解出来たら次はPPC広告の出稿手順を解説します。

 

引用:YouTube[YahooJAPANad]Yahooプロモーション広告

管理人(ジン)管理人(ジン)

上記のYahooプロモーション公式説明は古いものですので、PPCアフィリエイトを行う場合の出稿手順について管理人から以下で説明してゆきます。

 

4.3.1 広告キャンペーンの作成

まずは広告キャンペーンの作成です。

(広告キャンペーンはその中にグループを複数作れるYahooプロモーション広告アカウント内で最も大きな箱となります。)

 

キャンペーン単位で設定する項目はそのキャンペーンの中にある全ての広告を管理するものとなります。

 

 

4.3.1.1 基本設定

※現在タブレットの設定も可能になりました。

※引き下げ率を100%にすると該当のデバイスには広告を配信しない設定となります。

 

4.3.1.2 地域設定

 

4.3.1.3 曜日・時間指定

 

4.3.1.4 その他の設定

 

これでキャンペーンの設定は完了です。

 

4.3.2 広告グループの作成

続いて広告グループの作成です。

(広告グループは実際に広告を出稿するキーワードと表示する広告をまとめている箱になります。)

 

 

 

4.3.3 広告を表示するキーワードの設定

どんなキーワードで検索された時に広告を表示させるのか?
ここで広告を表示したい検索キーワードを入力します。

ここでキーワード候補の表示を活用すると入力したキーワードに近しい検索キーワードが沢山出てくるので便利です。

 

4.3.3.1 キーワードのマッチタイプ

キーワードのマッチタイプですが、
完全一致、フレーズ一致、部分一致があります。

~完全一致~

指定した入札キーワードと検索キーワードが一致する場合にだけ広告を表示します。

(1点集中で狙いを定める場合に使用)

~フレーズ一致~

入札キーワードが含まれる

(指定したキーワードである程度範囲を狭めつつも広げる場合に使用)

~部分一致~

入札キーワードの類義語や関連性の高い検索キーワードをYahooのシステムが自動判断し広告を表示します

(最もコントロールが取りづらく予想だにしない範囲まで広告が露出されるが、自分でが思いつかないようなキーワードを発掘したい場合に使用)

 

~例えば水素水というキーワードを入れた場合~

■ 完全一致だと広告が表示されるのは「水素水」のみ

■ フレーズ一致だと広告が表示されるのは「水素水+○○」など

■ 部分一致は入札キーワードの類義語や関連性のある語句で検索が行われた場合にも広告が表示されます。「水 ウォーターサーバー」など、意図しないところにまで広告が表示されてしまいます。

 

~(番外編)絞り込み部分一致~

複数のキーワードがかけ合わされているキーワードの全パターンに広告を表示出来る方法。

(フレーズ一致と部分一致の間に位置するのが絞り込み部分一致。)

■ 例えば「水素水」と「通販」のかけ合わせキーワードで広告を表示したい場合

設定方法は「水素水 +通販」を部分一致で出稿。

これにより「水素水」と「通販」両方が含まれる全検索キーワードパターンに広告が表示される。

 

※マッチタイプについてさらに詳しい説明は公式ラーニングポータルをご覧ください

http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/matchtype.html

 

4.3.4 広告の作成

実際にYahooの検索結果に表示される広告文面とリンク先サイトを登録します。

※現在、入稿形式は拡大テキスト広告のみとなりましたので選択肢がなくなっています。

 

広告出稿までの手順はこれで完了です!

 

 

4.4 Yahooプロモーション広告での広告費の入金

広告を稼働させるためにはYahooに広告費を入金する必要があります。

Yahooプロモーション内のアカウント残高(予め入金した広告費)がなければ広告を出稿しても稼働せずに表示されませんので広告費を入金してゆきましょう。

 

Yahooプロモーション広告のダッシュボードに入ります。

 

4.4.1 PPCアフィリエイト初心者に不要なインタレストマッチを使わない設定

資金管理の画面で、入金割合設定のインタレストマッチの入金割合を0%にしましょう。

※インタレストマッチは検索結果以外に表示される広告ですのでコントロールが難しく一般的にPPCアフィリエイトには不向きとされています

 

デフォルトだと入金の際に入金額の30%がインタレストマッチ用の広告費として反映されてしまいますので、以下のように入金割合を0%に設定します。

 

4.4.2 クレジットカードで広告費を入金する

まずは Yahoo!ビジネスマネージャー にて広告費の入金に使用するクレジットカードを登録します。

その後手動入金にて入金金額を入金して確認を押せば入金が可能です。

PPCアフィリエイトの広告運用に慣れるまでは広告費は最低金額である3000円ずつの投入にしてください。
(クレジットカードの自動入金設定はPPCアフィリエイトの運用に自信を持てるまでは使用しないでください。)

 

 

4.4.2 銀行振り込みで広告費を入金する

銀行振り込みの場合は指定の口座へ振り込みをすればYahooの方で確認作業完了後にアカウントに反映されます。

※銀行振り込みは入金からアカウントに反映されるまで3営業日かかるので急ぎの際には都合が悪いです。

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

銀行振り込みは面倒かつ時間がかかるので基本的に

PPCアフィリエイターはクレジットカード入金を使っています。

 

 

PPCアフィリエイト広告運用(メンテナンス)

PPCアフィリエイトでは広告を無駄がない様に有効に使わなければ利益を生み出すことは出来ません。

広告を出稿して終わりではなく、その後でも様々な調整等を行わなくてはなりません。

調整を行う事で赤字を黒字にして利益率を高めてゆきます。

この調整をPPCアフィリエイトのメンテナンスと言います。

 

5.1 PPCアフィリエイトメンテナンス(キーワード)

 

~画像で囲んである広告状況のデータの意味~

インプレッション数:広告は表示された数

クリック数:広告がクリックされた数=自分のサイトを見た人の数

合計コスト:そのキーワードで掛かった広告費

クリック率:インプレッションに対してのクリック率

品質インデックス:キーワードの品質
(クリック率が高く。広告、サイトがキーワードに対して関連性が高いと品質が上がる)

広告順位の基準は広告費×品質インデックスからなる数字で決まるので、品質が高いと安い広告費で上位表示することができる。

 

1ページ目に必要な~~:これはあくまでも目安なので気にしないでOK

平均CPC1クリックあたりで消費された平均広告費

平均順位:広告は表示されている平均の順位

 

5.1.1 PPCアフィリエイトでの単価調整

キーワードにもよりますが4位以内に入っていれば常に1ページ目に表示されているでしょう。

クリックされなければ単価を上げてみる、クリックされて売れても広告費のほうが上回ってしまい採算が合わないのであれば単価を下げてみる。

このようにして順位やコストを見てキーワード単価を調節しましょう。

 

5.2 PPCアフィリエイトメンテナンス(広告)

↓広告画面に切り替えるとこんな感じです↓

 

基本的にキーワード画面と見れるデータは同じです。

キーワードに対してのデータ、広告文に対してのデータの違いです。

 

5.3 PPCアフィリエイトメンテナンス(検索クエリー)

検索クエリーを確認することでフレーズ一致や部分一致でも具体的にどのようなキーワードで広告がクリックされたのかを確認することが出来ます。

 

基本的にすべてのキーワードを見ますが、キーワード毎に見たい場合はそのキーワードにチェックを付けてから選択したキーワードをクリック。

 

5.3.1 検索クエリー一覧

このようにして実際にどんなキーワードでクリックされたのかを確認することが出来ます。

 

 

5.3.2 検索クエリーからのPPCアフィリエイトキーワード仕分け

検索クエリー画面から直接キーワードの除外もしくは追加が出来ます。

フレーズ一致ないし部分一致で出稿している場合には実際にどんなキーワードを拾ってきているのか必ず検索クエリーを見て確認をして、不要だと思うキーワードは除外しましょう。

 

 

これをやらないと無駄クリックが減ることがなくいつまでも無駄な広告費を消費し続けることになりますので、PPCアフィリエイトにおいて検索クエリーのメンテナンスは必須作業となります。

 

2018年以降のPPCアフィリエイトのまとめ

PPCアフィリエイトは指定したキーワードで広告を表示し、濃いユーザーのアクセスを集めて商品もしくはサービスを売るという至って単純な手法ですが、Yahoo!プロモーション広告の管理画面が初めての方にとってはわかりづらく、広告費がかかるという点から最初の1歩のハードルが高く感じてしまう事で「出来ない」、もしくは「やらない」という方が非常に多いです。

また、PPCアフィリエイトでは近年Yahooプロモーション広告の規約変更や薬事法・薬機法に対しての厳しい審査により適当なやり方で稼げるほど甘い市場ではなくなりつつあります。

 

たいした決まりが定まっていなかったPPCアフィリエイト初期時代は画像だけのサイトをYahooプロモーション広告に出稿していれば稼げてしまうような時代もありました。

ただし今ではそのような中身のないサイトは出稿できません。

 

これは当然な事であり、PPCアフィリエイトは企業の商品やサービスを私たちが広告費を投入し効率的にプロモーションする列記としたビジネスであり、その案内を見るユーザーにとっても意味のあるものにしなければなりませんので、中身のないサイトをYahooの検索結果に表示することは検索ユーザーにとっても企業にとっても、Yahooにとってもメリットにならないのです。

今現在の形が本来あるべきPPCアフィリエイトでありYahooプロモーション広告だといえます。

 

このことからPPCアフィリエイトはもう終わったとか稼げないという方もいますが、確かに昔に比べれば稼ぎづらくなった事は事実でしょう。

しかし、決して稼げなくなったわけでもなくPPCアフィリエイトは終わっていません。

 

しっかりと戦略を立てて検索ユーザーの意図を汲み取った案内が出来ればPPCアフィリエイトで広告費を使った分だけ収益を上げる事は可能です。

 

またPPCアフィリエイトを覚える=Yahooプロモーション広告を使いこなすことが出来る。

そうすれば自由自在にアクセスを集めることが出来るようになります。

 

これはPPCアフィリエイトだけでなくリアル事業や自身で持っている商品やサービスの販売促進、また集客面においても十分活用できる知識となります。

 

そしてPPCアフィリエイト最大のメリットはなんといってもそのスピード感。

広告費というエネルギーを注入することにより自身のサイトが一瞬で上位に表示されるのですから、アイデアが浮かんだらすぐに「サイト作成→出稿」そして訪れたアクセスよりアフィリエイト成果が発生すれば最短で稼げる手法です。

 

このような事からもPPCアフィリエイトに今から取り組んで無駄になることなどありません。

当ページを見てPPCアフィリエイトに取り組んでみたいと思った方は是非挑戦してみてください。

もっと詳しいPPCアフィリエイト最新情報&ノウハウを学びたい方へ

もっと詳しいPPCアフィリエイトの情報やノウハウを学びたいという事であれば、当ページ(PPCアフィリエイトの教科書)の管理人ジンによるPPCアフィリエイトの無料メールマガジン講座に登録していただければと思います。

 

PPCアフィリエイト初心者向け無料メルマガ講座
PPCスタート通信(講座期間約1ヶ月間・基本17時配信)

PPCアフィリエイト実践者向け無料メルマガ講座
PPCステップアップ通信(講座期間3か月~終了未定・基本18時配信)

 

管理人(ジン)管理人(ジン)

メールマガジンでは日々メールにてPPCアフィリエイトについて配信をしております。

基本的には決まった時間に1日~2日に1通お送り致しますが、最新情報や緊急情報につきましてはイレギュラーな時間にメールをお送りすることもございますのでご了承ください。

※初心者の方は必ずPPCスタート通信から読み始めてください。
PPCスタート通信でお伝えする内容を消化したのちにメールでPPCステップアップ通信に登録していただくご案内をさせていただきます。

また私個人のLINEでは、私自身の日々のPPCアフィリエイト成果についての報告と、そこから考える見解について配信しておりますので合わせてご覧頂ければと思います。

⇒ 管理人(ジン)の LINE@

PCの方は【@ezx5425a】で検索

にほんブログ村 小遣いブログ PPCアフィリエイトへ  
この記事が良かったらクリック!

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
自動車ディーラーの営業マンとして働くも将来を考えた時に自分の描く幸せとは程遠い未来しか見えなかったことをキッカケにネットビジネスを調べる。そして2015年1月に約2年働いた会社を辞めてからPPCアフィリエイトを始めて半年で発生報酬60万円越えを達成。現在はPPCをはじめとしたアフィリエイト業、他にはコミュニティ運営、投資を行うなど、事業を拡大しています。